生コラーゲンは原液がいい?分子量や温度のことまで徹底調査!

生コラーゲンは原液がいいの?分子量のことや温度の管理の事まで調べてみたので参考にして下さいね。

生コラーゲンは原液が一番効くの?ほんとの所を知りたい!

生コラーゲンは原液が一番効くのかが気になって調べてみたので参考にして下さいね。

生コラーゲンは原液が一番?

原液だと何でも一番効果がありそうな感じがしませんか?

実際に楽天やAmazonでも色々なお肌によさそうな原液を販売しています。

 

実際に原液がお肌に一番いいのかを調べてみました!

結果から先に言いますと…?

原液が必ずしも一番ではない!

そういう結果になりました。

理由は…?

 

お肌に直接付ける場合には、原液のまま付けた場合と、原液を加工してお肌への浸透率を上げたものでは効果の出方が変わるからです。

 

原液のままだと、どうしても浸透率が加工したものより劣ってしまいます。

 

原液がいいと思いがちですが、お肌の事を考えると原液そのままではなく、お肌への浸透率まで計算されたものがおすすめです!

 

因みに私の場合は、はじめは原液の方がお肌への効果があると思って普通に原液を購入しようと思っていました。

 

でも、原液が一番ではないとわかった時点で迷わずお肌への効果が高い加工された方を選びました!

 

原液よりきちんと計算されたものを使って一日も早くお肌への効果を実感したいですね。

 

 

生コラーゲンの分子量は大きいからお肌に入らないってホント?検証しました!

生コラーゲンの分子量は大きいからお肌には浸透しない!そんな口コミを見たのでホントに所はどうなのか検証してみました。

生コラーゲンの分子量って大きすぎて浸透しない?

分子量って別に大きくても関係ないって思いませんか?

 

何も知らない時には分子量なんか別に何でもいいんじゃ?と実際に私も思っていました!

 

分子量っていう言葉自体が難しそうで拒否反応を起こしていたんですね。

 

でも、実際の所、分子量が大きいという事はお肌へせっかく付けても分子量が大きくてお肌の表面にしか効果がないという事なんです!

 

もう少し詳しく言えば、原液の生コラーゲンの分子量はお肌と同じ大きさなので届いて欲しい角質層まで届かない!

 

分子量が大きく表面的なものだけでは、実際のお肌の悩みは解決しないという事です。

 

こうなってくると、分子量の大きさというのはお肌への効果へ直結していくのでとても大切なんですね。

 

今では、分子量を小さく加工しているものがあるので購入する時には分子量も小さく、お肌にもきちんと効果のある方を選びましょう。

 

 

生コラーゲンは温度管理が大切なの?使ってみたくて徹底調査!

生コラーゲンは温度管理をきちんとしないと効かない?使ってみたかったので徹底的に調査してみました。

生コラーゲンの温度管理って大切?

温度管理が必要なほどデリケートなものなの?それが本当ならちょっと面倒くさい!

そこで、本当に温度管理が大切なのかを調べてみました。

結果から先に言いますと…。

 

温度管理は肝でした!

 

実際には温度管理の必要のない種類もあるんです!

 

ならそちらを使えば面倒な温度管理も必要ないと思いがちですが、温度管理の必要のないものよりも、温度管理のどうしても必要なものの方がいい理由がありました。

 

それは…?

 

温度管理の必要のない種類のものよりも、温度管理の必要な種類の方が「保水力が約6倍!」もあります。

 

保水力というのは、簡単に言えばお肌の中の水分量です。

 

土に水を上げるとしみ込んでいきますよね。そのしみ込んだ水分を保つ量というイメージならわかりやすいでしょうか?

 

いくら水を上げても、すぐに土がカラカラになってひび割れてしまっては、花も育ちません。

 

この事をお肌でも同じような事がいえます。

しっかり水分を中から保ってふっくらしたお肌が続けば、シワにも効果が…!

温度管理の必要なものはその分、しっかり効果もあるんですね!

 

購入する時には、温度管理は必要だけど、保水力の高い物がおすすめです。

 

>>生コラーゲンの口コミと効果は必見!

 

 

生コラーゲンの三重らせん構造のどう良いのか!毛穴にも効くのかをリサーチ!

関連記事一覧